ゆるゆるとらべるLIFE

バンクーバーのこと、旅行のことなど。

アジア14か国で使える海外プリペイドシムAISのSIM2Flyをレビュー!

スポンサーリンク

f:id:hononon7:20170207181424j:image

韓国へ行くため、Amazonでプリペイドシム”SIM2Fly”を購入しました。アジア14か国で使えるSIM2flyの使い心地はどうだったかレビューします。

SIM2Flyの概要

  • タイの3大通信会社の最大手であるAIS社(Advanced Information Service Public Company)の高速データ通信プリペイドカード
  • タイ国内で販売しているタイ発の海外旅行者向けのSIMだが、日本国内でもamazonで購入可能。
  • SIMフリーのスマートフォン、iPhoneで使用可能
  • データ通信専用
  • 標準、micro、nanoサイズに対応

使用可能な国

今回は韓国で使用するために購入しましたが、韓国以外でも使用することができます。

韓国以外では、日本、オーストラリア、ネパール、シンガポール、マレーシア、インド、ラオス、フィリピン、カンボジア、ミャンマー、台湾、香港、マカオで使用可能。

日本でも使用できるので、日本で設定して渡航もできます。が、設定したその時から利用開始になるので、注意!

アジア行くときは、SIM2Flyがおすすめです。

各国のローミングキャリア

  • 日本(ソフトバンク)
  • マレーシア(Maxis)
  • ラオス(Lao Telecom)
  • 韓国(SK Telecom)
  • 香港(CSL)
  • 台湾(Taiwan Mobile)
  • インド(Airtel)
  • シンガポール(Singtel mobile)
  • マカオ(CTM)
  • フィリピン(Globe)
  • カンボジア(METFONE)
  • ミャンマー(MPT)  

 

使用可能日数

8日間(192時間)、4Gまたは3G高速データ通信が無制限で利用可能。3GBまで高速通信、3GBを超えると低速128kbps。

周波数帯域

【4G】2,100MHz 【3G】900MHz、2,100MHz

iPhoneは問題ないですが、その他スマートフォンは確認が必要です。

 

タイ国内では使えない

SIM2flyはタイ発の海外旅行者向けなので、タイ国内では使えません。タイへ旅行する人には同じAISが販売している7日間タイ プリペイドSIMがおすすめです。こちらは40分間の無料通話つき。

 

韓国の空港でsimを購入することも考えた

現地simを空港で購入することも考えましたが、韓国のEG simがデータ1GB+通話20分で35,000ウォン。

SIM2Flyは3GBも使えて、なおかつ安い。通話は付いていれば嬉しいけど、なくてもいいので、SIM2Flyを購入するに至りました。逆に、通話が必要な人は違うsimを探してください。

ロック解除したiPhone6sで海外simを使うのは今回が初めてで、日本であらかじめ設定していけるのも安心です。

今回ちゃんとつながることが確認できたら、どこの国のsimも安心して設定できそうです。

 

sim2flyが届いた

f:id:hononon7:20170207172650j:image

amazonからSIM2Flyが届きました。注文してから3日(注文日を含む)で到着。出発まで時間がない人+250円でプライム発送での購入もできます。

内容物

  • simカード
  • 説明書

中身は簡素ですが、説明書を読めばちゃんと設定できそうです。

 

sim2fly使用レビュー

空港でsim2flyに入れ替えた後、付いていた説明書通りにしたら簡単に繋がりました。

APIの設定などは特に必要ありません。ネット接続後、大量にSMSが届きますが、全部無視して大丈夫です。

8日間3GBは十分すぎました。特にネット使用を制限していた訳ではありませんが、実際の所1.5GBくらいしか使いませんでした。

安いのに通信が途切れることもなく、優秀なsimでした。またアジアに行くときには購入します。日本でもソフトバンクにしっかり繋がったので、タイから日本に一時帰国する人にもおすすめです。