読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるゆるとらべるLIFE

バンクーバーのこと、旅行のことなど。

人はゲストハウスやホステル等の安宿に何を求めるのか。

スポンサーリンク

f:id:hononon7:20170212111728j:plain

ホテル予約サイトを見ていて驚いたこと。

 

‪ホテル予約サイトを眺めていたら

韓国のゲストハウスを探していると、あるレビューが目にとまりました。

そのゲストハウスのマイナスポイントに日本語が通じなくて、コミュニケーションが取りづらかったと。

日本語が通じなかった…って

?????

普通じゃないか???そこは日本じゃなくて、外国なんだよ!

それはゲストハウスのマイナスポイントではなく、この人の落ち度。別にそこのゲストハウスには日本語対応とも書いていませんでした。

こういうレビューは多くないにしろ一つ二つではないところが、驚くところ。

一泊たった1000円や2000円のゲストハウスやホステルに何を求めているのか。甚だ疑問です。

 

サービスをどこまで求めるのか

f:id:hononon7:20170212111824j:plain

日本語を求めるならそれなりのサービスしてくれるところに泊まるか、困りたくなければ自分が少しでも語学を勉強すればいいだけ。

安い所に泊まっておいて、日本語対応も求めるなんて図々しいわ!外国語を習得することって本当に難しいのに、それを1000円や2000円の宿で求めるなー!(心の声)

もし、日本語で対応してくれたらそれが普通じゃなくて、ありがとう!ってもはや感謝するところだと思う。

人はゲストハウスに何を求めるのだろう。何を求めてもいいけど、値段に合ったものというのがあるはず。

普通の考えの人がほとんどだろうけど、こんな人がいると思うと辟易する。

 

まとめ

LCCに乗ってフルサービスを求める人と似ている。最小限のサービスに同意して予約しているのに、それ以上のサービスを求めてくる。その上、問題が起きたときに約款なんて読んでないという。読まずに予約したのが悪いのに。

www.pyononon.com

こういう私は誰と一緒になるかわからないゲストハウスに向いていないのかもしれない。

ゲストハウスでも個室かな、こりゃ。